よくあるご質問

単元株式数の変更および株式併合に関するご質問

Q1. 単元株式数の変更とはどのようなことですか。

A1. 単元株式数の変更とは、株主総会における議決権行使の単位および証券取引所において売買の単位となる株式の数を変更することです。全国証券取引所では「売買単位の集約に向けた行動計画」を公表し、平成30年10月1日までにすべての国内上場会社の普通株式の売買単位を100株に集約することを目指しております。当社は、東京証券取引所に上場する会社として、この趣旨を尊重し、当社普通株式の売買単位である単元株式数を1,000株から100株に変更いたします。

Q2. 株式併合とはどのようなことですか。

A2. 株式併合とは、複数の株式(例えば5株)を合わせてそれより少数の株式(例えば1株)とすることです。

今回当社は、証券取引所が望ましいとしている投資単位の水準(5万円以上50万円未満)を勘案し、株式併合(5株を1株に併合)を実施いたします。

Q3. 所有株式数と議決権数はどうなりますか。

A3. 株主様の株式併合後のご所有株式数は、平成30年8月31日最終の株主名簿に記録された株式数に5分の1を乗じた株式数(1に満たない端数がある場合には、これを切り捨てます。)となります。また、議決権数は、併合後のご所有株式数100株につき1個となります。

具体的には、単元株式数の変更および株式併合の前後で、所有株式数および議決権数は以下のとおりとなります。

  効力発生前 効力発生後
  ご所有株式数 議決権数 ご所有株式数 議決権数 端数株式相当分
例① 2,000株 2個 400株 4個 なし
例② 1,056株 1個 211株 2個 0.2株
例③ 382株 0個 76株 0個 0.4株
例④ 4株 0個 0株 0個 0.8株
  • ・例①に該当する株主様は、特段のお手続は不要です。
  • ・例②、例③、例④で発生する端数株式の取扱いにつきましては、「Q6.」をご参照願います。
  • ・効力発生前のご所有株式数が5株未満(例④のような場合)の株主様は、株式併合によりすべてのご所有株式が端数株式になり、株主としての地位は失われます。株主様の保有機会を失わせてしまうことを深くお詫び申し上げますとともに、何卒ご理解を賜りたいと存じます。

Q4. 株式併合により資産価値への影響はありますか。

A4. 株式併合は、株主の皆様の所有株式数を一律かつ比例的に減少させるものであり、株式併合の前後で会社の資産及び資本の状況は変わりませんので、株主様が所有されている当社株式の資産価値が変わることはありません。

株式併合後においては、現在1,000株をお持ちの株主様の所有株式数は200株となりますが、1株当たりの純資産額は5倍になるためです。また、株価についても、理論上は、株式併合前の5倍となります。

Q5. 最低投資金額への影響はありますか。

A5. 理論上の数値ではありますが、最低投資単位金額は半額となります。

平成30年2月28日の終値(439円)を例として、具体的に試算いたしますと以下のとおりとなります。

株価 単元株式数 最低投資金額
併合前 439円 1,000株 439,000円
併合後 2,195円 100株 219,500円

Q6. 株主は何か手続きをしなければならないのですか。

A6. 特に必要なお手続きはございませんが、株式併合後に発生する端数株式の取扱いにつきましては、すべての端数株式を当社が一括して売却処分し、または自己株式として当社が買い取り、それらの代金を端数が生じた株主様に対して、端数の割合に応じて分配いたします。

株式併合の効力発生前に「単元未満株式の買増請求」または「単元未満株式の買取請求」のお手続きをご利用いただくことにより、端数株式の処分を受けないようにすることが可能です。

具体的なお手続きについては、株主様がお取引されている証券会社、または、証券会社に口座を作られていない場合は下記【お問合せ先】の株主名簿管理人へお問い合わせください。

Q7. 株式併合によって所有株式数が減少しますが、受け取る配当金への影響はありますか。

A7. 今回の株式併合により、株主様のご所有株式数は5分の1となりますが、株式併合によって株主様の受取配当金の総額に影響が生じることは予定しておりません。

ただし、株式併合により生じた端数株式につきましては、「Q6.」に記載のとおり、売却処分または買い取りとさせていただき、それらの代金を端数が生じた株主様に対して、端数の割合に応じて分配するため、当該端数株式に係る配当はその後生じません。

Q8. 株主優待品の受け取り対象の変更など、影響はありますか。

A8. 平成30年2月28日を基準日とした株主名簿に記録された株主様を対象とする株主優待品につきましては、変更はございません。

単元株式数の変更・株式併合に伴う、平成31年2月28日以降を基準日とした株主優待品の対象・内容変更等の有無につきましては、現在検討中です。

検討後、速やかにお知らせしてまいります。

Q9. 新投資単位での取引はいつから可能ですか。

A9. 単元株式数の変更および株式併合の効力発生日は平成30年9月1日ですが、株式売買後の振替手続きの関係で、株式会社東京証券取引所における売買単位が、1,000株から100株に変更される日は、平成30年8月29日となります。

単元株式数の変更および株式併合に関してご不明な点がございましたら、お取引されている証券会社、または、証券会社に口座を作られていない場合は下記【お問合せ先】の株主名簿管理人までお問い合わせください。

【お問合せ先】(当社株主名簿管理人)

三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

住所:〒168-0063 東京都杉並区和泉二丁目8番4号

TEL:0120-782-031(フリーダイヤル)

受付時間:午前9時から午後5時まで (土、日、祝日を除く。)

業績・財務・決算に関するご質問

Q. 業績を知りたいのですが、どのような資料がありますか?

A. 決算短信に掲載しておりますのでご覧下さい。

Q. 業績見通しはどこに記載されていますか?

A. 業績の見通しについては決算短信をご覧下さい。

Q. 最近の決算情報はどうすればわかりますか?

A. 最近の決算情報は財務諸表をご覧下さい。

Q. 決算期を教えてください。

A. 決算期は毎年2月です。また、8月は中間決算になります。

株式に関するご質問

Q. どこで株式は取引されていますか?

A. 東京証券取引所JASDAQスタンダードで取引されています。

Q. 証券コードは何ですか?

A. 2706です。

Q. 売買単位株式数は何株ですか?

A. 1,000株です。

Q. 最近の株式分割について教えてください。

A. 2002年4月に、額面変更のため分割(1:2)を実施しています。

Q. 発行済み株式数は何株ですか?

A. A. 43,738,211株です。(2015年12月末現在)

Q. 配当金支払いの株主確定日はいつですか?

A. 期末配当金については2月末日、中間配当金については8月31日です。

Q. 名義書換、住所変更などの株式事務については、どこに問い合わせれば良いですか?

A. 一般口座をお持ちの場合は、お客様のお取引のある証券会社までご連絡ください。
特別口座をお持ちの場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先

東京都杉並区和泉二丁目8番4号(〒168-0063)

三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

TEL:0120-782-031(フリーダイヤル)

Q. 株式の諸手続きについて知りたい場合、どこに問い合わせれば良いですか?

A. 下記お問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先

東京都杉並区和泉二丁目8番4号(〒168-0063)

三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

TEL:0120-782-031(フリーダイヤル)

会社に関するご質問

Q. 会社が設立されたのはいつですか?

A. 1994年3月25日に設立されました。

Q. 株式が店頭公開されたのはいつですか?

A. 2001年9月3日に株式店頭登録をしました。

  1. トップページ
  2. 会社案内
  3. お問い合わせ
  4. よくあるご質問