妖精・魔物・魔法使いが存在する世界、エターティア。そのとある地方に存在するといわれている「ラグノア大陸」がプリンセスコンチェルトの舞台だ。
太古の昔、ある伝説の王<建国王>により一度は統一されたラグノア大陸だが、王の死後幾度となく繰り返された戦争により国は6つに分裂。そんな中、突如として謎の魔王軍が現れ、魔族たちは大群をもって国々に攻撃を仕掛け、瞬く間にその大半を手中に収めてしまう。難を逃れた各国の王女たちは、被害の少なかったらラウディア国に身を寄せることになる。
物語の舞台となる世界エターティア。この世界は「プリンセスコンチェルト」のほかに、クロスワールドやデ・ジ・キャラットファンタジーの舞台となっている。もしかすると、キャラクターのクロスオーバーがあるかも・・・?





かつては大陸全土を統一する力を持っていた国。


格式高い町並みと城が印象的な王国。かつて大陸に平和をもたらした伝説の王<建国王>を排出した国でもあり、6つの国の中心に位置し、交易の盛んな国でもある。

国格式高い街道が続く。



美しく整備された庭園。



バラの王国「セウレス」はバラ畑と豊穣な、見渡す限りの美しい穀倉地帯が広がる豊かな国である。
魔王軍に侵略されるまではラグノア大陸で一番豊かな王国だった。

城の内外に庭園があり、バラが咲き乱れている。


城下などには露店なども出ている。



人の住めない砂漠の大地に法力でオアシスを築いた「聖者カナン」を祀るこの国は、由緒正しく厳格な神官王国でもある。魔法技術に長けた国で、死地に生を見いだす回復魔法を駆使するものもいる。

聖地らしく神聖な雰囲気が漂う城。



城内も美しい木々に囲まれている。



妖精族の国「レウ=ファール」は深い森の奥に存在する美しい緑あふれる王国である。大陸を6分した戦争の後、人間と決別して独自の文化を作り上げてきた。

緑豊かな妖精郷。



山に建つだけあって堅牢なイメージが漂う。


山の頂きに建つ王国。竜騎士の国ということで、町並みや城内にもドラゴンをモチーフにしたものが多く見られる。
大陸一の軍事大国で、この国の兵士は竜騎兵と呼ばれ、竜を駆り戦闘に臨む。

煉瓦造りの建物が多い町並み。



丘の上に建つ王城は、統治よりシンボルとして存在する。


自由の民が集う草原の王国。国土には草原が多く、国民はテントなどで生活を送っており、自然と共に生きている。
また、芸能を愛する国民性で、エターティア中を旅巡業している。

国民の多くは移動可能なテントでエターティアを旅している。